リンク
0

★コンドームをすすめるには…? コンドームはつけたくない、というお客さんに対して、他の人はどうしてますか? 雰囲気を壊さずに、なんとか言える方法ないでしょうか?

GirlsHealthLab」より

Question
★コンドームをすすめるには…?
コンドームはつけたくない、というお客さんに対して、他の人はどうしてますか? 雰囲気を壊さずに、なんとか言える方法ないでしょうか?

Answer
どうして本番の時にコンドームつけないっていうのか、接客しているこちらとしては、ほんとに謎。でも、それを言ってくるお客さんは後をたた ない…。これは、働いていたらぶち当たる永遠の壁よ(怒)。こちらとしても、お仕事したいから、なるべくコトは荒立てたくないけど、この交渉はほんと難し いよ。

お客さんの言い分は様々。やれ「つけるとイカない」だの、「ゴムアレルギーだ」だの、「〇〇ちゃんはやってくれた」だの…。でも、それ、ナマでやってもいい理由になりませんから!

でも、そんなお客さんにこれといった万能の対策はないんだよね。自分のキャラにあった断り方を編み出していくしかない! というわけで、基本的なやり過ごし方を紹介するね!

【生は自分はNGなんです、とごくまっとうに受け流す】
多くの人は、「ナマでやりたい」というだけなので、やんわりと断る。これで引き下がらなかったら、困った客認定だよね。

【お店で怒られる、と言う】
お店で止められてるの、と、私一人の決まりじゃないんですよー、ということにする。

【無視してなんとかする】
交 渉の余地がないお客さんとあーだこーだヤリトリするってのも、時間がなくなるし、雰囲気も悪くなるし。真正面から取り合わないで、コンドームを付けて強行 突破! ローションで気持よくさせて、コンドームをつけてるってことをうやむやにし、もうこちらも自分のプレイをガシガシ進めよう!

【プレイを中断する/お店に助けを呼ぶ】
何度言ってもきかず、強要されそうになったら、プレイを中断するしかない! 言っても聞かないお客さんは、お客さんの枠からもう外れます。この決断は勇気がいるけど、やっぱり自分の身が一番大事! これは無理だ、と思ったら、スタッフを呼ぼう。

それに、これは、ずっと思ってるんだけど、お客さんが気軽にぽんぽん「ナマでしたい」ということ、そして、そんな人がいっぱいいるってことが、め ちゃくちゃ傷つくことなんだよね。だって、こっちの健康とか、まったく何も考えてないってわかるじゃん? そんな人にも、しっかり丁寧な接客をするってこ とは、やっぱり精神的にツライよ…。風俗のお客になるってことは、好き勝手してもいいってことじゃないってことを、ちゃんと心得て来て欲しいよね★

広告
リンク
0

やはり掻爬が中心~日本の中絶方法について初の調査結果(第一報)

リプロな日記 より

日本でどのような中絶方法が用いられているかは、これまで一度も調査されたことがなかったのですが、日本の中絶で長年主に掻爬(道具で掻き出す方法)が用いられてきたことは間接的な証拠から推察できたものの、一度も立証されたことがありませんでした。

一方、世界では妊娠初期の中絶に用いる方法として掻爬と吸引法(機械/器械で吸い出す方法)の比較研究が盛んに行われた結果、1970年代頃から掻爬に代わって吸引中絶が主流になりました。さらに1990年代には薬(RU486、ミフェプリストン)を用いた中絶方法が各国に広まり、2003年にはWHOが初期中絶の方法として吸引と薬物中絶を推奨し、掻爬はこれら安全な方法が得られない場合の代替手段と位置づけられるようになりました。

リンク
0

■初期中絶の方法~掻爬使用が8割超

リプロな日記 より

日本母性衛生学会に用いたグラフを少し改編して、初期中絶の主な方法として掻爬法(D&C)という外科手術が用いられている比率が一目でわかるようにしました。ご覧のとおり、単独使用、吸引との併用(先か後かで2パターン)を合わせると83%を超えています。

2003年にWHOが出した中絶方法のマニュアルでは、安全な初期中絶の方法として吸引法と中絶薬を使用した方法の2つしか挙げておらず、D&Cはこれらの安全な方法が使えない場合の次善の策に位置づけられています。

0

中絶船、スペインへ行く。

国境の間である国際海域で、中絶を禁止している国で困ってるひとたちに
文字通り安全なサービスが「手に届くようにする」活動をしているオランダの
団体「Women on waves」があります。過去にアイルランド、ポルトガルなど
を回ってきた船が今度はスペイン近くに船を止めるようです。

「むむむ」で過去に紹介したこともあります。

0

オンライン誌:Social Medicine「社会医学研究」

このブログでもリンクしたことがあるのだけど、きちんと紹介するのは初めてになります。

誰でも自由にダウンロードできて、書き手同士が校正をする、一部誰でも投稿可能なオンライン誌「Social Medicine」というものがある。最近「健康と不平等」「医療格差」というようなタイトルの本や書き物を見かけることが多くなってきたし、「医療社会学」という学問の分野も存在しています。英語だとmedical sociologyあるいはSociology of healthと呼ばれます。
しかしSocial Medicineという言葉は「社会医学研究」と呼ぶようで、「社会学」とは違うみたい。たとえば日本の東京社会医学研究センターの紹介をみても、学問とちうより実践のための研究という意味合いがつよいようです。
その中でも「実践編」といえる特集では、このブログでも紹介したヤングローズの病院占拠の話(ここ)や最新号ではニカラグアのサンディニスタにおける「ヘルスプロモーター(保健促進者)」の役割(こちら)など社会運動と保健医療についてよく書かれている。

英語なんだけど、難しい言葉遣いはしていないので思い立った人が翻訳しても読みやすいのじゃないかと思う。自分はいまやれそうもないので、誰かが手を出してくれることを願って紹介しました。

  • Social Medicine
  • 0

    『ラストフレンズ』とハームリダクション(被害を軽減する)

    フジテレビのラストフレンズというドラマを見たことがある人、かなり多いとおもいます。私も欠かさず見てしまいました。来週特別編があるようですね。面白かったんだけど、見ていて突っ込みたくなるところも、たくさんありました。(見てない人はなんのことかさっぱりですね、、すみません。)

    例えば、

    *初期の番組宣伝やサイトで出てくる「セックスレス」って恐らくタケルのことだろうけど、先週やっとはっきりしましたが正しくは性的虐待を受けたトラウマで「女の体と触れ合うのが苦手」、みんなでAV見てるとこから逃げ出すシーンからみても性嫌悪とは呼べるけれども「セックスレス」ではないはず、、。これはドラマ内では使われていないので突っ込みづらいところですが、、。

    *みちるへの気持ちの描写とルカの性とからだへの違和感の表明がごっちゃになって「男の人が好きになれない」のが「性同一性障害」をかたどる要素のひとつのように見えてしまう。性別と性的指向の話が入り組んでしまっているんですね。丁寧にみれば、診断のシーンではそういうことは行ってなかったと思うので「大間違い」とは言いづらいけど誤解生みそうって感じですね。そういう意味できんぱちは恋愛をもちまず、むしろなりたい対象としての「異性/なりたい同性」を描いたのはそこに気を使ったのかなと今では思います。

    ラストフレンズ公式サイトにはDV相談の案内があるんだけど、「自分できめる幅広い意味での健康」のために役立つ話を載せるのが趣旨のこのブログでは、時には宗佑みたいにみちるを縛ろうとしてしまうルカがかかえたジレンマを思いながら、「支える人たち」への提案のひとつとして自分が気になったものを載せたいと思いました。

    性、障害、DV被害者支援等いろんなことについて書かれているエミ・コヤマさんという方がいらっしゃいます。書かれたものは英語ですが、冊子『フェミニズムへの不忠というものが翻訳されています(ただし発行元のHPのリンクが切れてしまっています)。ひびのまことさんによる書評がこちらで読めます。

    英語の書き物はeminism.orgで読めます。

    コヤマさんはDV被害者支援をする際に、ハームリダクションという方法を採用することをすすめています。

    ハームリダクションとは?・・

    リスクのある行動を完全にやめるのではなく、行動の中にあるリスクを徐々に減らしていくというやり方です。タバコをやめようとしても、禁煙はそう簡単に続かないっていうのは常識であると思います。だからフィルターをつけたり、タールを軽くしたり喫煙本数減らしたりとじょじょに禁煙を実行するのだと思います。「ダメ絶対!」とはまったく違う立場をとるものです。もちろんここにはむつかしい問題もたくさんあります。

    これはもともと、薬物依存からの回復のためには薬物使用者を取り締まるよりも注射針の交換などを通してHIV感染のリスクを軽減するやり方(主に行政の政策ですね)を指すものでした。薬物依存やHIV関係の活動の中で盛んに使われているこの理念を、DV被害者支援にも応用できないかと考えたわけです。

    ちなみに、ここでは被害者のことをただ「ひどいことされた人」なんじゃなくて「たいへんな状況を生き延びた」人、という意味で「サバイバー」とよんでいます。(詳しくは「「サバイバー」と名乗った私の経験から考えたこと」、「サバイバーフェミニズム」)

    DV被害者(サバイバー)支援のばあいのハームリダクションとは?(すでにある薬物依存者支援のためのポリシーを書き換えたもの)

    Toward a Harm Reduction Approach in Survivor Advocacy

    より一部引用(著作権はコヤマさんにあります)

    *サバイバーは苦しみから開放され、人生が思うようにいっていると感じることができるためなら、、よくもわるくもどんな方法でも使おうとするものです。その中には今まで「不健全である」と考えられできたものがあります。(例えば、加害者と連絡を取り続けたり、アルコールや薬物を使用したりすることやリストカットなどの自傷行為、生き抜くためのセックスや性労働(セックスワーク)をすること、睡眠や食事の取り方が不定期であることなどがあります。)サバイバーがこの一連の行動を起こすこと受け入れ、その中で被害を軽減するために努力することが必要である。

    *それぞれの対処法が複雑であり様々な側面をもつものであって、あまりに極端な行動もあれば、何もしないということもあるということを理解することが必要である。その中には他の方法よりは明確に安全であるといえる方法が存在することを認めることも必要である。

    *個人の生活や共同体の中での生活の質が向上し、良好な健康状態を保つことを通して
    問題を解決していくという基準を設定する必要がある。安全ではなく、健全ではないと  みなされる行為を一度にやめさせることが必ずしも成功に結びつくとは限らないことを理解することが必要である。

    *虐待の影響や後遺症に対処しているひとたちに対してのサービスや資料の提供が批判的でなく、押し付けがましいものにならないように を呼びかけることが必要である。虐待を受けたことに伴う被害を軽減するため、サバイバー住む共同体や地域に対しても同じサービスや資料の提供を求めること。

    *サバイバーが受けるプログラムや関係する政策に対して、定期的に当事者の声を反映させることができることを保証すること。これはサービスを現在受けているひとと、以前受けていた人のどちらにも当てはまります。

    *サバイバーがおこなうさまざまな対処法の被害を軽減するためには当事者が主体的に行動することこそが重要であり、本人の経験にを最もよく理解しているのも自分自身であることを支援者と確認することが必要である。支援者はサバイバーの実情に沿った対処法や生き抜く手段を考えるために、その人の経験を共有してもらうように当事者を促すものである。

    *貧困、階級/階層、人種差別、社会的排除、トラウマ、差別やその他の社会的不平等が
    サバイバーを攻撃されやすくしたり、虐待の影響や余波に対応する力に関わってくる
    ことを認識すること。

    *サバイバーが使っている「対処」の方法が深刻で悲劇的な被害をもたらすのに
    それを無視しようとしたりたいしたことが無いと考えたりしない。

    DVシェルター等を念頭に置いた文章だと思うので、「政策」とか出てきてちょっとかたいですが、
    ラストフレンズの偽シェルターであるシェアハウスの仲間の対応を見てても
    わかりやすく思い当たることが多かったと思います。ルカがみちるへの思いからついみちる責めがち
    になることを差し引いても、考えることろが多かったです。しかもルカのみちるへの「思い」は好き、ってこと
    だけじゃなくて自分は宗佑のかわりになれないからタケルをあてがってみたり、とにかくみちるに「強くなってほしい」といったり
    複雑なものでした。

    みちるが内緒で宗佑と連絡をとって会いに行ったりしていたけど、連絡をとらないということじゃなくて会いに行くときはひとりでいかない、とか(宗佑にわからないようにマンションの外で待つとか)が被害軽減的なやり方になるんでしょうか。(つづく)

    (つづき)

    ドラマの中のシェアハウス仲間の対応が良くなかった、っていいたいではありません。ルカは一度は「まだその携帯もってんの?」とみちるを責めそうになるけど、ゴミ箱に携帯を捨てようとするのをとめて「これじゃあんたの彼と一緒だよね」っていってる。まわりがみちるを助けようとしつつもとまどってる様子をみながら、みちるも「じぶんがしっかりしていれば大丈夫」といって自分が事を良くするために先頭きって動くべきだと確信するシーンもある。

    このハームリダクションの事を書くためにDVが扱われたドラマをネタ振りに使ったつもりではなくて、あの中に十分希望はあったはずと思ってとりあげました。

    物語全体でみれば、悩みをかかえた者たちが集うことで希望を見出そうとするとどうなるか?っていうところにあったんだと思います。いろんな工夫をするんだけど結果的にはほぼ全部メタメタに打ち砕かれる。みんな弱いところが多すぎる。その壊れていく様や、人の弱いところを楽しんで見るために作られているとさえ思える。その分最終話はまた希望を見せるために全部使ったんだな、と印象をもちました。「ひとりでいたくない」そして「がっかりしたくない、させたくないからひとりになる」、から「それでも、一人でいることは無い」に変わるまで見たという感じ。

    本当はドラマ進行中にあれこれ書こうとおもったけど、うまくまとまらなくて終わってからになってしまった。もう記憶もあいまいだし書くのやめようかな、とも思ったけど、明日は特別編でダイジェストもあるし、書き漏れたことがあればつけたすつもりです。

    薬物使用におけるハームリダクションについて、日本語字幕つきのいいビデオがあったので、紹介しておきます。

    こちらはビデオ作成者のブログ

    よく見る薬物使用防止ポスターに踊る「ダメ、絶対」の文字。
    使わないで済む人にとっては何てことないポスターだけど、
    薬物依存で苦しんでいる人にとっては、人格否定、
    社会からの切り捨てを意味するかもしれないのが、このメッセージ。

    私が今回作ったムービーは、この「ダメ」キャンペーンへの代替案を提案するもの。
    「ハーム・リダクション」っていう考え方に基づいて薬物使用者をサポートする、
    NYのある施設での取材をまとめたものです。
    昨日も書いた通り、元々、NGOの人たちに、
    施設やそこでのサービス内容を紹介しようと思って撮って来たものだったんだけど、
    せっかく映画にするからには、
    少しでも多くの人に考えてもらうためのヒントになれば、
    と思って構成を考えました。

    0

    フィリピンの市民連合は反PEPAの行動を拡大

    市民連合は反PEPAの行動を拡大することを明言

    Magkaisa Junk JPEPA

    2008年4月10日、ケソンシティ。日本-フィリピン経済連携協定(JPEPA)に関する委員会の報告が予定されていた2週間前のこと。教会のメンバー、学界関係、そして、25以上の市民社会組織が、JPEPAに反対する行動の拡大のための計画を議論するためにフィリピンの
    Diliman大学で集まりました。

    現在のグループは、Magkaisa Junk JPEPA Coalition(MJJC)(2年間、活発に条約の不均衡で違憲な特徴を露呈させ、公開ヒアリングと様々な抗議集会をもって上院による批准の反対運動をした広い連合)のメンバーと支持者です。

    「私たちはありとあらゆるJPEPAに関する上院議員の動きを厳密に監視し続けていきます。」フィリピンの土地を明け渡し、フィリピン人の看護婦に関する差別待遇を許容して、 貿易と有害廃棄物の投棄を正式なものにし、、私たちの海を外国人に開放すること。、これらは非常に重大な法の違反です。 「これらの条項に「はい」と言う上院議員のを責任を追求しなければなりません、一貫してこの国の自由、資源、および主権を安値で手放すこの国の最高責任者の責任と共に。」と、ゴールダ・ベンジャミン(Coalitionのリードカウンセリング)は言い表しました。

    また、JPEPA反対派は、条件付きの合意のための何人かの上院議員の条件付同意の提案にも不安を募らせています。。

    「何人かの上院議員がどうやらJPEPAの問題を「修正する」ために動いています。」 しかしながら、交渉チームのメンバーがこれは再交渉がれきない「オール・オア・ナッシング」の取引だといい続けています。 「行政府がJPEPAを修正するするようなことを何もしていないなら、条約を承認するか、拒絶かどちらかの力しか持たない上院議員がなぜ行政府の尻ぬぐいをしようとしているのだろうか」、EcoWaste Coalition(MJJCのメンバーグループ)を代表・マリー・マルシアーノは問いかけます。

    ほとんどがJPEPAによって不利な影響を被るセクターから来ている関係者は、大々的な汚職スキャンダルが取りざたされる中でJPEPAの批准が人目に触れずには済まないと上院議員に警告す公開質問状にサインしました。

    「現在、世論はNBN-ZTE(公共事業の不正入札疑惑)の話題でもちきりですが、スプラトリー諸島の領土権問題の譲歩がらじりじりと追い上げられさらに、JPEPAの批准となれば市民にさらに苦い毒を盛ることとなるでしょう。」 JPEPAは単なる商売上の取引とは違う分悪影響はさらに深刻です。 批准されるなら、条約は国法になります。 上院への手紙には「上院が批准するなら、投票監視役(ウォッチャー)を見て(ウォッチ)いるのは誰か?という問いがなされます。」と書かれていました。

    「アロヨ政権は変則的な協定の連続によりフィリピンの人々に大きな痛手と損失をもたらしたことで知られています。」 2010年は遠くはありません。 「私たち、フィリピンの人々は、、愛国者が誰でと反逆者が誰であったかを覚えていて区別するでしょう。」と、彼らは述べました。

    MJJCは、キャンペーンを強化して、が国全体にわたって情報を流し続ける計画を明らかにしました。 また、この連合は最高裁判所が日本-フィリピ経済連携協定の合憲性を問う前に訴訟を準備されます。

    MJJCんお含まれる団体の中には、進歩的労働者連合(APL)、フィリピンの主要な宗教指導者協会-Justice, Peace and Integrity of Creation、環境廃棄物連合(EcoWaste Coalition)、債務からの自由連合(Freedom from Debt Coalition)、安全な食品のための環境連合(Green Convergence for Safe Food)健康的環境(Healthy Environment)、持続可能経済(Sustainable Economy)、Kilusang Makabansang Ekonomiya、Kilusang Mangingisda, Kilusan para sa Pambansang Demokrasya, フィリピン看護師協会(Philippine Nurses Association) and the Task Force Food Sovereigntyなどがあります.