リンク
0

やはり掻爬が中心~日本の中絶方法について初の調査結果(第一報)

リプロな日記 より

日本でどのような中絶方法が用いられているかは、これまで一度も調査されたことがなかったのですが、日本の中絶で長年主に掻爬(道具で掻き出す方法)が用いられてきたことは間接的な証拠から推察できたものの、一度も立証されたことがありませんでした。

一方、世界では妊娠初期の中絶に用いる方法として掻爬と吸引法(機械/器械で吸い出す方法)の比較研究が盛んに行われた結果、1970年代頃から掻爬に代わって吸引中絶が主流になりました。さらに1990年代には薬(RU486、ミフェプリストン)を用いた中絶方法が各国に広まり、2003年にはWHOが初期中絶の方法として吸引と薬物中絶を推奨し、掻爬はこれら安全な方法が得られない場合の代替手段と位置づけられるようになりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中