オンライン誌:Social Medicine「社会医学研究」

このブログでもリンクしたことがあるのだけど、きちんと紹介するのは初めてになります。

誰でも自由にダウンロードできて、書き手同士が校正をする、一部誰でも投稿可能なオンライン誌「Social Medicine」というものがある。最近「健康と不平等」「医療格差」というようなタイトルの本や書き物を見かけることが多くなってきたし、「医療社会学」という学問の分野も存在しています。英語だとmedical sociologyあるいはSociology of healthと呼ばれます。
しかしSocial Medicineという言葉は「社会医学研究」と呼ぶようで、「社会学」とは違うみたい。たとえば日本の東京社会医学研究センターの紹介をみても、学問とちうより実践のための研究という意味合いがつよいようです。
その中でも「実践編」といえる特集では、このブログでも紹介したヤングローズの病院占拠の話(ここ)や最新号ではニカラグアのサンディニスタにおける「ヘルスプロモーター(保健促進者)」の役割(こちら)など社会運動と保健医療についてよく書かれている。

英語なんだけど、難しい言葉遣いはしていないので思い立った人が翻訳しても読みやすいのじゃないかと思う。自分はいまやれそうもないので、誰かが手を出してくれることを願って紹介しました。

  • Social Medicine
  • 広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中