更新とたくらみとエンパワメント

  保健医療情報のページを更新しました。いままでリンクのところにあった緊急避妊処方医院の案内番号や、国籍や滞在ビザの有無に関係なく使えるはずの出産費用をまかなうための制度についてがトップにきています。性感染症・多言語保健情報は左のメニューからいけます。

緊急避妊についてはそのまま緊急だからトップにきています。助産制度はあまり知られていないと思ったのでトップにとりあえず置いておきます。将来的には、実践的な情報プラス楽しくなるような話、元気が出るたたかいの記録などをライブラリーにしたいなと思っています。

あと、このブログとは独立した共同作業になるでしょうが、Vaginapagina(英文)のようなポリシー(*)をもった情報・経験交換の場所、その交換された事柄を 役立つように蓄積していくオンラインコミュニティもできたらいいなと思っています。

*  Vaginapaginaは 協力的で、進歩的な、そしてからだと性に前向きな環境を用意する場所であり、そこでは女性の性と生殖に関する健康(リプロダクティブ・ヘルス)、やセクシュアルへルス等に関連のある内容を話題にします。

ここはエンパワメントそれぞれの力になるようにさまざまな努力をすること。くわしくはこちらに。たとえば「あなたが***なら、セックスをするべきじゃない」とか、「***なつもりはないけど、***」など協力的なつもりが他人の力をそいでしまうようなありがちな態度について他の言い方をするように促している。)を基盤としたセーフスペースここでは全員が自分がその場に歓迎されサポートされていると感じることが出来、個人的な攻撃や勝手な判断から守られること。)であり、 GLBTQQIA- and kink-friendlyLGBTに加えてクイア、クエスチョニング、インターセックス、アライ(サポーター)、そしてSMなどのライフタイル特有のニーズに対する理解を促進するということ)です。わたしたちの目標は、個人的な経験と出所がはっきりしている情報から知識を積んで、間違った情報が共有されない(ネット情報の正しさを見分ける方法もここで伝授している。)ために努力することです。

vp2

エンパワメントのところ、重要なのでさらに詳しく。

*エンパワメントとは、ひとつは 本質的に勝手な判断を下している以下のような言い方を避けることです

「もしあなたが __________なら, セックスをするべきじゃない.」

あなたの意図が最初の記事の投稿者の精神的・身体的な健康を心配しているということだとしても、そのコメントであなたが選んだ言葉はあなたの勝手な判断を表現してしまっているのです。それは、「誰がセックスをするべきなのか」という勝手な判断です。

結局、これはVPのメンバーの個人的な決断に対して敬意を示していません。もし最初の投稿者の決断に対してzその人がまだ準備ができていないと心配している場合は、もっと協力的な言い方で提案してみましょう。この場合、

「性感染症のことがそんなに心配なら、セックスをするべきではありません。」

と言う代わりに、この人がリプロダクティブヘルスに関する情報をもたうえで自分で選択ができるような協力的な事を書いてみましょう。たとえばこんな感じで、、

「定期的なSTI(性感染症)の検査は性と生殖の健康を保つのに重要な役割を果たします。STIの検査を受けるにあたって何か特に不快に感じていることはありますか?もしそうなら、ひょっとすると私たちはその不安を静める様な情報を提供できるかもしれません。」

これで最初の投稿者に対するあなたの心配する気持ちは伝わりますし、本人の選択に敬意を示した上で情報を伝えることができます。この方法のほうが、最初の投稿者に前向きな影響を与えることができる可能性が高いと言えます。どんなに心からの心配でも、敬意のかけた/勝手な判断に基づく表現を使ってしまえば前向きな結果を生むとは考えられません。

*よく人は「☆★☆なつもりじゃないんだけど、でも・・・」という言い方をして、本人の意図とは関係なく、結局その「☆★☆」になってしまうものです。

もし、「☆★☆(勝手に判断している、命令してる、無神経な、説教している)つもりじゃないんだけど、でも・・・」などといいたくなったら、今から言おうとしていることがどうして☆★☆のように聞こえてしまう可能性があるかを考えましょう。その上で自分の意図がより明確に伝わるように言葉を選びなおしましょう。誤解を生む可能性を避けるために但し書きを加える必要がないように。

本当に、この辺は「プロ」のからだの本や性教育の本を書く人にしっかり読んで欲しいところです。避妊や中絶について書いてある「女医さん」が書いた本でもすぐ「~ならセックスすべきじゃない」とか書いてありますからね。それが図書館にある唯一のその関係の本、ってことも少なくないわけです。だからこそ、いまネット(それ以外の場でも)上でこういう空間が必要じゃないかと思っています。

広告

更新とたくらみとエンパワメント」への2件のフィードバック

  1. エンパワメントに関して、かなり深く理解し、共感しています。
    昨日のgrrrl8ではどうも初めましてでした。
    今後も、こちらのブログに時々遊びにきます。

  2. コメントありがとうございます!昨日おあいできてよかったです。是非まだ立ち寄ってください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中