マイケル・ムーアの『シッコ』見ました。

『シッコ』公式サイト 

アメリカの保健医療制度といえば自分で健康保険を運営する会社にはいらなくてはいけないので(日本でいう入院保険や生命保険のような位置かもしれません)、所得が低い人は保険がなく医療にかかれないというイメージが国内外で一般的なのでしょう。映画の冒頭でその代表といえる人を出しつつも、「この映画は彼らの話じゃない」と念を押して、保険にカバーされているはずの人たちがいかに保険会社の利益のために必要な医療が受けられないかを追ったドキュメンタリー。見終わってこの意図が少しわかった気がした。保険がない人の話はもちろん悲惨で注目すべきなんだけど、そこばかり焦点をあてると現在の健康保険の質そのものが見えてこないからでしょう。保険を受けられる人たちを、「あるだけまし」とだけ描くのは問題の深さや幅広さを見失うことになる、ということだと思う。事実保険会社が「どうやって」利益を追求しているか、その詳細な戦略が暴かれた。といってもおどろくことない、その方法とは(もういいよねネタばれしても)あらゆる手段をつかって顧客に医療をうけさせないようにする、というものだ。保険会社おかかえの医師による各ケースの判断(日本の生命保険会社の調査のように。)、つまりその人がその医療を受けるのに金を出すべきかどうか(表向きはそのひとにとってその医療が必要かどうか)を決定させること。仮に必要だと判断されても、過去に病気をしたことがあってそれを会社に報告しなかったことなどを理由に却下される(ある女性はがんの手術のためにお金がおりることになっていたのに、「過去にガンジタにかかっていただろう」という手紙で保険料がおりないことになった。他にも太りすぎややせすぎといった体重での切り捨てもある)。

このようなかんじで医療にかかわる怖い話(medical horror storiesをムーアのサイトで募集したらしい)を見せられたあと、なんでそもそもこうなったのか?とアメリカの国家としての保健医療政策に目をむける。ニクソン大統領の医療保険制度に悩む姿、そして誰かに「民間にまかせちゃえ」という案に喜ぶ姿を見てると、ここですでにいま批判させる医療保険会社の姿とダブってみえる。どれだけかねを医療につかわせないかに頭を悩ませている姿が。

ボウリング~の時と同じように、カナダをはじめ国外に目を向け始めると、ムーア本人と自分がダブってなんだかつらくなってくる。ふフランスで子育て支援の一環として政府から派遣されてくるヘルパーさんが洗濯をしてくれると聞いたときの顔、そこからじゃあなんでこうなのかと国民性の話に移り(フランスでは政府に抗議するのが普通、っていうよく聞く話)、そこがラストシーンに直接つながる。あのラストは好きだなあ。この映画は楽しみにしてたけど、選挙前に作られてるからいままでためてきたブッシュ批判 が真ん中で炸裂するのかと少し構えてただけに。国民性とかいうとつまらないけど、政府はがいい政府だろうと悪い政府だろうと、じぶんたちに必要なものがわかってるのは自分たち自身だというところに話がつながった感じがしてよかった。別に「いいやつ」なフランス政府が孫をかわいがるように「あれもいるだろ、これもいるだろ」と用意してくれたわけじゃないということで、もしそうだったらあんなに組合とか強くないはずだし、抗議も暴動もないはずだ。むしろ政府は常に、やはりアメリカのように経費削減・利益追求の方向へ進んでいて、それと対立するものがるかどうかだから。こういうところまで考える方向に持ってきたこの映画は良かったです。少し突っ込むと、イギリスのNHSで働く医者が「患者を追い返したことは?」と聞かれて「ないよ、そんな制度の下では働かない」と言ったことからもわかるようにそんなことしないですむところを守りたいと思う医療労働者の姿、そのために自分たちの労働条件や環境の改善も求めていくという姿の医療従事者たちの存在も一般的に抗議する国民性以上にこの場合重要だということを見ていってほしかった。ヘルスワーカーでもう1本とってもいいんじゃないの?

常識と例外

映画を見終わってテレビをうけたらZEROというニュース番組でちょうど保険証とりあげの話をやっていた。反貧困ネットワークの人がでてて取り上げられた後に発行される資格証が「払えるはずだけど払わない」というイメージを伴うものだと説明していた。恥ずかしいので使わない人がいると聞いたことがあったが、番組に出でいたひとは受付で出したら追い返されたと話していた。最後に私がいつもくだんないこと言うと思っている番組のキャスター(?)が「誰でも払える払えないに関わらず使える医療制度であるべき」みたいなことをいっててびっくりした。普通なんだけど、あまりに常識的なんだけどシッコを見た後では日本はどっちかというとアメリカかな、と思ったのか。医療ってやっぱり下手すると死だから、みんな死ぬのは怖いから人を冷静にさせるのかなーと思いました。ただこうなるにはこれが「みんなの問題」になってくる必要があると思う。お金がなくて病院にいけない、追い出される人は昔からいたり、最近ではホームレス・野宿者などに顕著な話だたと思うけど、こういう話題はやはり「その人たちの問題」とされるし、その時点でZEROなんかには出てこない。それは「例外」だからでしょう。でも例外なく安心できる環境ではじめて「みんなの安心」が確保できると思う。そこまで考えがまわるのが「常識」になっていくといい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中