月経カップ体験まとめ

2005年の3月に書いた月経カップ(ムーンカップ)を使用した感想。

月経カップ体験

Friday, March 11, 2005

月経カップ体験/mooncup

投稿者 ライチ ラベル: 月経, 月経カップ

月経カップムーンカップが届いた。今つけてみた。今のところ心地いい。これから自転車に乗るけどどうなるかな。。ラブピースクラブで販売しているディーヴァカップ(今はラブピースクラブでもムーンカップを販売しています)と変わらないものだと思うけど、(イギリスかアメリカかの違い)確かめてみたい。後本当にまったくもれないかまだ心配なので今日はナプキンもつけておく。
ち なみに他の月経用品は、市販のナプキン、タンポン(アプリケーター付き/なし)以外に、布ナプキン、海綿スポンジ、オーガニックタンポンを使ったことが あります。キーパーは色からして腰がひいてたのですが、ついにこれに手を、、。値段はある女性からかったものが13ポンド(2600円ほど)。10年は使 えるらしい。

Friday, March 11, 2005

mooncup2

投稿者 ライチ ラベル: 月経カップ

DIVACUPのホームページをみたら、やはり同じもののよう。
とrいあえず自転車も問題ないし、歩いているときなんか何も感じないのが不思議。外のトイレでもすぐ入れなおすことができた。ただはじめは入れる方向を何度か間違えたりした。入れるときは 小さくするからいいんだけど、出すときがやっぱり広がったままなので、痛いわけじゃないけどちょっと入り口を最後のいちばん広い部分が通るときは緊張。で も繰り返すうちに入れなおすのが楽しみになってすぐとってみたりとかしていた。摂ると本当にきれいに血液がたまっていて、こんなもんか、というかんじ。付 け心地がいいのはたぶん、タンポンが血液と一緒に他の液体もすいこんでしまって乾いたところでひろがるのに対して、こっちは血液は回収するけどそのほかは 同じだからかなと思う。シリコンだから当たってるかんじもしない。書いていて宣伝してるみたいで嫌になってきたけど、出店で買おうと思って迷ってたときに 横にいた女の人が「人生変わるよ」といったのに比べれば、、、。トイレではずしたら落とすんじゃないかとか、いろんな不安はぬぐえたし、あとは寝たときど んな感じか楽しみ。
Image Hosted by ImageShack.us

(↑最初の4時間つけた後の量はこんな感じ(カップ半分よりすこし少ないくらい)。2日目で本格的にははじまったばかりなので、たぶん一番多い日。そのあと2時間でこの半分くらいだったかな。)

Sunday, April 10, 2005

月経開始、ムーンカップ

投稿者 ライチ ラベル: 月経, 月経カップ

二、 三日前から血のがてんてん、、。そしてパンツにしみるかんじになった今日はそろそろとおもってムーンカップを装着。おなかの痛みを軽く感じる。はねたりし て軽い運動をしてみる。ま だ本格的にはじまってかんじしないなーとおもってさっきとりだしてみたらほぼ満タン。

mooncupfull
こ れはしたの赤いところだけじゃなくて、上の最初のくぼみまでちゃんとはいってる。ほぼみずっぱい透明なちょっとぬるぬるした液体。混ぜると全体にピンクに 近い赤。ながしたらさーっとにげちゃった。痛みがまだひどくないのは、まださらさらした血液などしかでてきてないことと関係してるのかな。塊が通ると痛い と聞いた

装着間だけど、前よりも感じない。ネットの投稿で も見つけたけど、使うたびに装着感(ここにあるな、という感じ)は消えていくと思うひとが多いらしい。前回は初めてだしかなり意識してたけど、今日はいろ いろあったし月経中ということもすっかり忘れていたくらい。午後にシャワーは言ったときはまだぜんぜんたまってなかったので、この4時間くらいの間にたく さん流れ出したのかな。

出し入れも前よりも器用にできるようになった。ここにあるキーパー(こ のカップのラバー製バージョン、といってもこっちのほうが先、というか有名)体験記にある、出すときに一番広がってる部分が膣の入り口に引っかかって痛 い、というのは私も前回感じたこと。これが一番の難点だったけど、これはそのまま引っ張るからこうなってしまうので、入れるときのように少しつぶして、片 方の端から先にそとにだして、残りを引っ張るようにしてみた。前回も少なくなってからこうして、その痛みはほぼ解消、でも多きときにそうするとこぼれない か心配だった。でも今日はまだ少ないと思って同じようにとりだしたら、実は多かった、でもこぼれなかったし、痛みはもう感じない。
ちなみにこの体 験記のなかの先っぽ(ひっぱるところ)が外に出てしまってあたっていたい、というのはムーンカップの説明書によると、あれは長めにつくられてあって、外に 出てはいけないので、中に納まる程度に自分でカットしなければいけない。私ははじめからほぼカットしてしまって、しまった、、と思ったけど。今は問題な し。ラバーとシリコンという素材の違い以外構造は同じと予想しているけど、実際はよく知らない。
キーパーはわたしも数年きになり、あの色と、写真でみるとやだらおおきそうなところにびびって使わなかったから、(後もちろん値段ね。長い目でみたら安いとはいっても使えなかったら意味ないし。)あまり肩をもつきもないのだけど。やっぱりラバーのほうがちょっと硬そう?
ひ とついえるのは、このカップを使うすこし前にヘルスギャザリングの資料やスペキュラムで膣の中の感じ、構造や位置に親しんでいたからある程度うまくいく自 信ができたということ。中学のときにタンポンを使ったときは、説明書見て、パニック、いれみても「ここはどこ?」って迷子状態でわけがわからずこわかっ た。奥に入りすぎてとれないということはありません、という注意書きも信用できなかった。だっておくあるじゃん、って。あのちゃちいイラストだけじゃわか んないさあ。この自分の生殖器(あのへん)全体に親しんだ感じ。スペキュラムとかも数年前から知ってたけど、中を見てど うしよう(何があるかよくわかってなかった。子宮が見えるなんて思ってなかったし)、ということで、鏡で外性器を見ることで慣れるにとどめておいた。婦人 科言ったときの検診だって、痛かったのに加えて、何でそんなところでうごかしてるのか、いったい何をしてるのか検討もつかない(もちろん聞くなんて思いつ かない)のも不安をあおったものだと思い出す。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中