0

【映画】「レメディ」 日々の仕事としての支配と服従を描いた作品

以下は、Slixaというウェブサイト(エスコートの宣伝とセックスワーカー運動関連の記事を載せてる)の記事を一部翻訳・要約したものです。映画の公式サイト

筆者 Chris Hall氏

チェイェン・ピカルド監督(お名前の読みは自信ありません)の映画タイトルでもあるRemedy の主人公「レメディ」はニューヨークの格安SM店で働く若い女性であるが、本作品はセックスワークそのものを扱ったものではなく、見返りの少ない仕事をこなす個人の物語である。本題は「労働」であってセックスではない。ここを見逃してしまう人は多い。

この国の「労働」そのものに対する正直な議論がされないかぎり、セックスワークに関する正直な議論はありえない。メディアに反乱するセックスワークが元来搾取的なものであるというお涙頂戴物語が繰り返し消費されているが、21世紀のアメリカではほとんどの労働がそんなものなのである。ウオールマートのレジ係であろうが、ニューヨークでSMの仕事をしていようが。 この30年間、多くの米国人にとって賃金の低下が続いただけでなく給料を受け取るためだけに労働者がどれだけハラスメントに耐えなければならないかがますます明るみになってきた。 ある人々にとっては、労働はいまだ経済的な安定と地位の獲得への道であるかもしれないが、我々のうち多くは払えもしない借金、信用情報の悪化、継続的な失業やその場しのぎの仕事しかないのが現実である。

観客はレメディの普段の名前を知ることはない。映画はすぐに面接と同僚の紹介のシーンに入る。そこから先も、ほぼ待機しているか客とセッションしているかのシーンだけで構成されている。基本的な構造はアダルト映画と同じく、セックスシーンの合間にワーカーたちがくだらないおしゃべりをしたりレメディが地下的に乗って帰宅したりするシーンが挟まれる。ただしアダルト映画と違うのは、どのシーンも官能的ではないことだ。

面接では自分が私生活ではMであると名言するのだが、いざ仕事に入ると参ってしまっている様子だ。

象徴的なシーンはは映画の中盤でビジネスマン風の客がやってきて、はじめは完璧に見える振る舞いをする。丁寧な挨拶をして、レメディの好きなことや嫌なことを確かめ、お互い無理のないようにやろうと提案するのだ。レメディがあまりハード屈辱なプレイはいやだと伝えると納得した様子も見せた。エンタテイナーを扱う際の見本のような行動だ。言ってしまえばウエイトレス、クラーク、メイドなどあらゆるサービス業従事者に見せるべき敬意とはこういうものだ。

いざセッションが始まると問題が起こる。結局初めから最後まで屈辱プレイに費やされるのだ。「おれの好みの服を着て来いといっただろ、なんだその安っぽい格好は」。身体的な痛みを伴うプレイはほとんどないが、発せられる言葉のひとつひとつが怒りに満ち軽蔑的で、レメディがまったく仕事ができないと自分で感じされることを目的にしたような言動なのである。乳首を舐めろという命令を拒否すると、「いやなのか?」と少しトーンを和らげる客、レメディがうなづいて「うん」と答える、「馬鹿じゃねえの?」客がふたたび強い口調に戻る「お前は淫売なんだよ」。

このシーンは見るのがつらかった。自分が感じてることとレメディが感じているであろうこと、監督の意図を分けて考えるのが難しかった。私はSMを描写した作品では、性的なファンタジーと日常的な現実の線引きがはっきりしているものを好む。

このセションのあと、レメディはPTSDの症状を見せ始める。映画が終わるまで、この客のことが何度もフラッシュバックされ、ほかのセッション中、明らかに解離症状に悩まされる。

ここまでみると、このストーリーは性産業廃止論者の好むもののように見える。そう見たければ、そう見ることができるだろう。しかし、このビジネスマン風の客やその他の客がどれだけひどい行いをしようと、レメディの抱える真の問題はそこではない。問題は、セッションが終わると孤独になることだ。店長はパソコンに釘付け、同僚は客をひやかしたり客のゴシップしか言わない。

レメディがついに泣き崩れ、トイレに閉じこもると、店長が言い放つのは「脚本が返金を求めなかっただけマシだ」という言葉だった。

これが私がセックスワークの話をする前に労働の話をしなければいけないという理由だ。セックスワーカーをエキゾチックな他者として見るなら、レメディのストーリーはたしかに「墜ちた女」の物語だろう。だけどファーストフードや飲食店、法律事務所、IT系ベンチャーで働く労働者もみな似たようなことが理由でトイレで泣いているのだ。精神的な虐待と低賃金はアメリカの労働現場では制度化されている。かつては存在した法的保護がなくなったり実行不可能になるのに伴って。レメディが直面することと同じ理由でセックスワークで燃え尽きてしまった人をたくさん知っている。しかしデバートで働いていた時には不可能であった虐待的な客を拒否したり、店長に文句を言うことなどができるという理由のために業界に残った人々も知っている。レメディの置かれた状況はセンセーショナルでもでもエキゾチックでもない。普段いやな仕事に耐えている私達の物語なのだ。

広告
0

【読みたい】『中絶技術とリプロダクティヴ・ライツ』

良くないこと、とされているがゆえに医療行為の中でもからだに負担をかけないことや誰でもアクセスできることが重視されないままである中絶技術を扱った珍しい本。ブログ「リプロな日記」を書いていらっしゃる塚原久美さんの著書です。久美さんには一度あるイベントので中絶のワークショップをされた時にお会いしました。まだ読んでいませんが、貴重な内容であることは間違いないので是非ご注目を!画像

 

出版社のwebサイトより、内容紹介を引用します。月経吸引法のことものってる!感動!

中絶技術とリプロダクティヴ・ライツ 新刊

フェミニスト倫理の視点から

中絶技術とリプロダクティヴ・ライツ

外国ではすでに「廃れた」中絶技術が、日本で今なお用いられているのはなぜなのか? 新たな視点から現代日本の〈中絶〉を問い直す。

著者、編者、訳者など 塚原 久美 著
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-60265-0
出版年月 2014年3月
判型・ページ数 A5判・324ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
ネット書店を選択

内容説明

吸引と中絶薬という安全な中絶技術が国際的な標準となるなか、日本では今も拡張掻把法が主な中絶手段とされている。こうした事態の裏には、中絶をタブーとする人々の意識の問題がある。本書では避妊と中絶を「生殖コントロール技術」と位置づけて世界と日本における実態を論じ、フェミニスト倫理の観点から女性の健康と権利を論じる。

このページのトップへ

目次

はしがき

Ⅰ 生殖コントロールの科学と技術

第1章 胎児の可視化と妊娠の科学
1 胎児の発見
2 胎児の可視化
3 胎児生命の科学
4 妊娠の科学
5 妊娠という経験

第2章 避妊の技術とその変遷
1 避妊方法の発達
2 避妊ピルと子宮内避妊具
3 避妊ピル以降の避妊薬と緊急避妊
4 避妊方法と避妊率

第3章 中絶の技術とその変遷
1 中絶のニーズ
2 拡張掻爬術の開発と普及
3 真空吸引の開発と普及
4 月経抽出法と手動吸引
5 中絶薬の導入
6 生殖コントロール技術の発展

Ⅱ 日本における中絶の現状

第4章 生殖コントロールをめぐる日本の状況
1 日本の中絶傾向
2 日本の避妊状況
3 中絶胎児の可視化
4 改善されない日本の中絶技術
5 中絶薬をめぐる日本政府の情報操作

第5章 日本における中絶の法と政策
1 堕胎罪と儒教倫理
2 優生保護法体制
3 フェミニストの改正案
4 国連女性差別撤廃委員会と日本政府
5 学校教育と胎児中心主義

Ⅲ リプロダクションをめぐる規範と倫理

第6章 人権としてのリプロダクティヴ・ヘルス&ライツ
1 世界のリプロダクション法の動向
2 リプロダクティヴ・ヘルス&ライツの思想的源流
3 国際的女性運動とリプロダクティヴ・ライツ
4 リプロダクティヴ・ヘルスの生成と発展
5 リプロダクティヴ・ライツという概念の意義
6 リプロダクティヴ・ライツとエンタイトルメント意識
7 ライツからジャスティスへ

第7章 欧米における中絶の倫理
1 従来の欧米社会の中絶観
2 女性運動と権利としての合法的中絶
3 女性運動への反発とプロライフ運動
4 ロウ判決とノンフェミニストの中絶擁護論
5 二項対立の倫理の性差別
6 フェミニスト倫理と中絶

第8章 日本における中絶の倫理
1 堕胎罪と母性の強制
2 ウーマン・リブと避妊ピル
3 ウーマン・リブと障害者運動
4 中絶と子殺しの交錯
5 女性の自己決定権と生命倫理
6 中絶問題からリプロダクティヴ・ジャスティスへ

用語集
文献一覧
あとがき
人名索引
事項索引

 

0

「説明困難な苦痛」から「説明可能な苦痛」へ 自己治癒としてのアディクション

 

人はなぜ依存症になるのか:自己治癒としてのアディクション 

依存症は、自らの苦痛を「自己治療」するための究極の選択なのか

今日最も関心を寄せられている障害のひとつ、依存症。その発症と一連の経過を説明する理論のなかで、特に注目すべきが本書の主題・自己治療仮説である。依存症者は、おそらく無意識のうちに自分たちの抱える困難や苦痛を一時的に緩和するのに役立つ物質を選択し、その結果、依存症に陥るという。生得的な脆弱性、心理的苦悩、ライフイベントを発達論的視点から統合的に捉えているこの理論的アプローチを知ることは、依存症者と依存症が果たしている役割を理解するうえで非常に有用である。

続きを読む

0

精神科のお薬を減らしたい、辞めたい人のためのガイド

私もこれまで訳したいな、でもなー、やめろって言ってるように受け取られるのは嫌だなとおもってやってこなかったicarus projectのガイドが日本語になっていました。PDFダウンロードはこちら

『ハームリダクション・ガイド』日本語版ができるまで

Coming Off Medications Guide – In Japanese!

0

自傷(じしょう)とハームリダクション(ふりがなばーじょん)

icaus projectという精神(せいしん)医療(いりょう)やメンタルヘルスに関わる(かかわる)問題(もんだい)を中心(ちゅうしん)に活動(かつどう)するグループ(ぐるーぷ)が作っ(つくっ)た冊子(さっし)(ミニコミ(みにこみ)、zine(じん))から抜粋(ばっすい)したものを翻訳(ほんやく)(一部(いちぶ)要約(ようやく))しました。テキスト(てきすと)とpdfで公開(こうかい)します。 PDFはこちら→自傷(じしょう)とハームリダクションpdf

ハームリダクションに関して(にかんして)は以前(いぜん)にこんな投稿(とうこう)をしました 『ラストフレンズ』とハームリダクション(被害(ひがい)を軽減(けいげん)する)

 自傷(じしょう)するひとのためのハームリダクション(icarus project作成(さくせい) “hurting yourself”より抜粋(ばっすい) http://theicarusproject.net/files/hurtingyourself.pdf

☆自傷行為(じしょうこうい)とはなにか

  • たくさん働く(はたらく)

  • タバコ(たばこ)を吸う(すう)

  • マラソン(まらそん)を走る(はしる)

  • ダイエット(だいえっと)をする

  • 十分(じゅうぶん)な睡眠(すいみん)をとらない

  • 激しい(はげしい)運動(うんどう)をする

  • まったく運動(うんどう)をしない

  • ピアス(ぴあす)の穴(あな)をあける

  • 酒(さけ)(アルコール(あるこーる))を飲む(のむ)

  • ハイヒール(はいひーる)を履い(はい)て歩く(あるく)

  • タトゥーを入れる(いれる)

  • サッカー(さっかー)をする

  • 不(ふ)健康(けんこう)な食事(しょくじ)をする

  • 登山(とざん)をする

  • 傷つく(きずつく)ことを言う(いう)ひとと暮らす(くらす)

  • スケート(すけーと)ボード(ぼーど)をする

  • バレエ(ばれえ)の練習(れんしゅう)をする

  • 美容(びよう)整形(せいけい)をする

  • 避妊(ひにん)や性(せい)感染(かんせん)症(しょう)を予防(よぼう)をしないでセックス(せっくす)をする

  • コルセット(こるせっと)を着る(きる)

  • BDSMなどのいろいろなプレイをする

  • 断食(だんじき)をする

  • 嫌い(きらい)な仕事(しごと)をする

  • 危険(きけん)な運転(うんてん)をする

  • ケンカ(けんか)をする

  • スカイ(すかい)ダイビング(だいびんぐ)

  • ベースジャンピング(地上(ちじょう)にある建造(けんぞう)物(ぶつ)や断崖(だんがい)などの高い(たかい)ところからパラシュート(ぱらしゅーと)を使っ(つかっ)て降下(こうか)するスポーツ(すぽーつ) )
  • 精神(せいしん)分析(ぶんせき)を受ける(うける)

  • 具合(ぐあい)が悪い(わるい)のに仕事(しごと)をする

  • 脱毛(だつもう)(ワックス(わっくす)など)

☆ハームリダクション

ハームリダクションとは、リスク(りすく)行為(こうい)と思わ(おもわ)れるものをやめられない、あたはやめたくないとしても自身(じしん)をケア(けあ)することができるということです。例えば(たとえば)お酒(さけ)を飲む(のむ)時(とき)は、運転(うんてん)をしないと決める(きめる)ことができます。薬物(やくぶつ)を使用(しよう)するなら、必ず(かならず)清潔(せいけつ)な注射(ちゅうしゃ)器(き)と針(はり)を使う(つかう)ようにします。自分(じぶん)を傷つける(きずつける)にしても、ずっと残る(のこる)ダメージ(だめーじ)は避け(さけ)たいものです。自分(じぶん)を傷つける(きずつける)ときにも被害(ひがい)を少なく(すくなく)する方法(ほうほう)はたくさんあります。どの方法(ほうほう)が有効(ゆうこう)かは傷つける(きずつける)ことの中(なか)で何(なに)が重要(じゅうよう)であるかによります。

 例えば(たとえば)痛み(いたみ)が一番(いちばん)重要(じゅうよう)なら、今(いま)の方法(ほうほう)よりも少ない(すくない)ダメージ(だめーじ)で痛み(いたみ)を感じる(かんじる)方法(ほうほう)があります。

血(ち)をながずことが重要(じゅうよう)なら動脈(どうみゃく)を切ら(きら)ないようにすれば命(いのち)にかかわることがないでしょう。切る(きる)ときは清潔(せいけつ)なナイフ(ないふ)か刃物(はもの)を使っ(つかっ)て、皮膚(ひふ)をアルコール(あるこーる)消毒(しょうどく)するといいでしょう。

皮膚(ひふ)につく跡(あと)や傷(きず)が重要(じゅうよう)なら、体(からだ)に何(なに)かかいたりペイント(ぺいんと)したりするといいでしょう。タトゥーやピアス(ぴあす)をはじめとした身体(しんたい)改造(かいぞう)も同じ(おなじ)効果(こうか)があります。人(ひと)によっては体(からだ)をカスタマイズ(かすたまいず)すると落ち着く(おちつく)ようです。

自分(じぶん)を傷つけ(きずつけ)た後(ご)から手当(てあて)をすることで被害(ひがい)を少なく(すくなく)することができます。傷(きず)を覚まし(さまし)たり、消毒(しょうどく)したり、包帯(ほうたい)をまいたりするといいでしょう。体(からだ)を休め(やすめ)たり、寝(ね)たりするのもおすすめです。必要(ひつよう)があれば救急(きゅうきゅう)外来(がいらい)で診(み)てもらいましょう。場合(ばあい)によっては理解(りかい)してもらえずに意思(いし)に反し(はんし)て病院(びょういん)に数(すう)日(にち)留め置か(とめおか)れることがあります。それでも自分(じぶん)で手当(てあて)するには傷(きず)が大き(おおき)すぎる時(とき)は救急(きゅうきゅう)スタッフ(すたっふ)がやさしくなくてもきちんと見(み)てもらう方(ほう)がいいでしょう。

 誰(だれ)かに傷つけ(きずつけ)てもらう時(とき)は「今(いま)すぐやめて!」という合図(あいず)となる言葉(ことば)(セーフ(せーふ)ワード(わーど))を決め(きめ)ておきましょう。

傷つける(きずつける)ということを全く(まったく)別(べつ)のことに置き換える(おきかえる)こともできます。

例えば(たとえば)エクササイズやリラクゼーション(りらくぜーしょん)など、自分(じぶん)にあったものならなんでも。(このzine、hurting yourselfのhow t(てぃー)o(おー) self care「自分(じぶん)の手当(てあて)をするには?」のページ(ぺーじ)が参考(さんこう)になります)

☆自分(じぶん)を傷つける(きずつける)とき、一番(いちばん)大事(だいじ)な経験(けいけん)は…

…………………………………………………………………………………………………………………………………………….

…………………………………………………………………………………………………………………………………………….

☆下(した)の中(なか)でハームリダクションの方法(ほうほう)として試し(ためし)てみたいものはどれ?ほかにどんな方法(ほうほう)が思いつき(おもいつき)ますか?

 ハームリダクションの例(れい)

  • ゴム(ごむ)バンド(ばんど)引っ張っ(ひっぱっ)て手首(てくび)にはなす

  • カプサイシンの入っ(はいっ)た軟膏(なんこう)で燃える(もえる)ような感覚(かんかく)を体験(たいけん)できます

  • 唐辛子(とうがらし)をかむ

  • 氷(こおり)を手(て)にもつか体(からだ)につける

  • 腕(うで)パッ(ぱっ)チン(ちん) 
  • 熱い(あつい)シャワー(しゃわー)(やけどしないていど)

  • 皮膚(ひふ)に何(なに)かをかいたりペイント(ぺいんと)したりする

  • 腕(うで)にビニール(びにーる)テープ(てーぷ)を巻く(まく)(血(ち)流(りゅう)に注意(ちゅうい)してうっ血(うっけつ)しないように)

  • 塩(しお)やコーヒー(こーひー)の出し殻(だしがら)を使っ(つかっ)て皮膚(ひふ)を剥離(はくり)する

  • タトゥーまたはヘナタトゥーをする

  • ピアス(ぴあす)の穴(あな)をあける

  • 切る(きる)前(まえ)に皮膚(ひふ)を消毒(しょうどく)する

  • 切る(きる)時(とき)に清潔(せいけつ)なナイフ(ないふ)や刃物(はもの)を使う(つかう)

  • 特に(とくに)注意(ちゅうい)→他人(たにん)の血液(けつえき)にふれたもので切っ(きっ)たりピアス(ぴあす)の穴(あな)をあけたりしない

  • ヘパリン軟膏(なんこう)で傷(きず)をなおす(ふさがってない傷(きず)には使わ(つかわ)ない!)

  • さまざまな落ち着く(おちつく)方法(ほうほう)を試す(ためす)(瞑想(めいそう)など。hurting yourselfのセルフ(せるふ)ケア(けあ)のページ(ぺーじ)参照(さんしょう))

  • 脱毛(だつもう)する

  • ホットワックス(ほっとわっくす)

0

自傷とハームリダクション

icaus projectという精神医療やメンタルヘルスに関わる問題を中心に活動するグループが作った冊子(ミニコミ、zine)から抜粋したものを翻訳(一部要約)しました。テキストとpdfで公開します。 PDFはこちら→自傷とハームリダクションpdf

ハームリダクションに関しては以前にこんな投稿をしました 『ラストフレンズ』とハームリダクション(被害を軽減する)

デリケートな内容なので、訳語含め表現に関してご意見いただけたら幸いです。

この投稿のふりがなつきバージョン

 自傷するひとのためのハームリダクションicarus project作成 “hurting yourself”より抜粋 http://theicarusproject.net/files/hurtingyourself.pdf

☆自傷行為とはなにか

  • たくさん働く

  • タバコを吸う

  • マラソンを走る

  • ダイエットをする

  • 十分な睡眠をとらない

  • 激しい運動をする

  • まったく運動をしない

  • ピアスの穴をあける

  • 酒(アルコール)を飲む

  • ハイヒールを履いて歩く

  • タトゥーを入れる

  • サッカーをする

  • 不健康な食事をする

  • 登山をする

  • 傷つくことを言うひとと暮らす

  • スケートボードをする

  • バレエの練習をする

  • 美容整形をする

  • 避妊や性感染症を予防をしないでセックスをする

  • コルセットを着る

  • BDSMなどのいろいろなプレイをする

  • 断食をする

  • 嫌いな仕事をする

  • 危険な運転をする

  • ケンカをする

  • スカイダイビング

  • ベースジャンピング(地上にある建造物や断崖などの高いところからパラシュートを使って降下するスポーツ )
  • 精神分析を受ける

  • 具合が悪いのに仕事をする

  • 脱毛(ワックスなど)

☆ハームリダクション

ハームリダクションとは、リスク行為と思われるものをやめられない、あるいはやめたくないとしても自身をケアすることができるということです。例えばお酒を飲む時は、運転をしないと決めることができます。薬物を使用するなら、必ず清潔な注射器と針を使うようにします。自分を傷つけるにしても、ずっと残るダメージは避けたいものです。自分を傷つけるときにも被害を少なくする方法はたくさんあります。どの方法が有効かは傷つけることの中で何が重要であるかによります。

 例えば痛みが一番重要なら、今の方法よりも少ないダメージで痛みを感じる方法があります。

血をながずことが重要なら動脈を切らないようにすれば命にかかわることがないでしょう。切るときは清潔なナイフか刃物を使って、皮膚をアルコール消毒するといいでしょう。

皮膚につく跡や傷が重要なら、体に何かかいたりペイントしたりするといいでしょう。タトゥーやピアスをはじめとした身体改造も同じ効果があります。人によっては体をカスタマイズすると落ち着くようです。

自分を傷つけた後から手当をすることで被害を少なくすることができます。傷を覚ましたり、消毒したり、包帯をまいたりするといいでしょう。体を休めたり、寝たりするのもおすすめです。必要があれば救急外来で診てもらいましょう。場合によっては理解してもらえずに意思に反して病院に数日留め置かれることがあります。それでも自分で手当するには傷が大きすぎる時は救急スタッフがやさしくなくてもきちんと見てもらう方がいいでしょう。

 

 誰かに傷つけてもらう時は「今すぐやめて!」という合図となる言葉(セーフワード)を決めておきましょう。

 

傷つけるということを全く別のことに置き換えることもできます。

例えばエクササイズやリラクゼーションなど、自分にあったものならなんでも。(このzine、hurting yourselfのhow to self care「自分の手当をするには?」のページが参考になります)

☆自分を傷つけるとき、一番大事な経験は…

…………………………………………………………………………………………………………………………………………….

…………………………………………………………………………………………………………………………………………….

☆下の中でハームリダクションの方法として試してみたいものはどれ?ほかにどんな方法が思いつきますか?

 ハームリダクションの例

  • ゴムバンド引っ張って手首にはなす

  • カプサイシンの入った軟膏で燃えるような感覚を体験できます

  • 唐辛子をかむ

  • 氷を手にもつか体につける

  • 腕パッチン 
  • 熱いシャワー(やけどしないていど)

  • 皮膚に何かをかいたりペイントしたりする

  • 腕にビニールテープを巻く(血流に注意してうっ血しないように)

  • 塩やコーヒーの出し殻を使って皮膚を剥離する

  • タトゥーまたはヘナタトゥーをする

  • ピアスの穴をあける

  • 切る前に皮膚を消毒する

  • 切る時に清潔なナイフや刃物を使う

  • 特に注意→他人の血液にふれたもので切ったりピアスの穴をあけたりしない

  • ヘパリン軟膏で傷をなおす(ふさがってない傷には使わない!)

  • さまざまな落ち着く方法を試す(瞑想など。hurting yourselfのセルフケアのページ参照)

  • 脱毛する

  • ホットワックス

0

2008.6.7リーブラカレッジ「セルフヘルプグループ+ミニコミを作ろう」資料

4年も前になりますが、公共施設でセルフヘルプグループとミニコミについてお話してその場で実際にミニコミを作るというイベントを一緒にさせていただいたことがありました。その時にお配りしたミニコミ形式の資料が出てきましたのでこちらにアップしました。こちら→selfhelp(回転しました)